1ヶ月経ち。

あの日から1ヶ月。

地震のあと、お客様からもたくさんメールをいただきました。

個別にお返事できず、申し訳ありません。

あったかいお気持ち、とっても嬉しく受け取っています。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

我が家では最初のゆれが震度6弱くらいでした。

それまでよく晴れていたのに、急に低く暗い雲でいっぱいになり

少し雨が降りました。

大きな揺れが2回のあと、また晴れました。

 

写真は最初の揺れのあと。

R0092383_thumb-1ヶ月経ち。

 

急に暗くなって、揺れ方もすごくて、長いし、

とても恐ろしかった。

 

R0092385_thumb-1ヶ月経ち。

 

最初のでかい地震が落ち着いてきたトコで

監督が・・・

すぐにゆっくり1階をくまなく点検して、

パニックになって泣き叫びながら引っ込んでる茶色マンから

15cmの位置で寄り添って。

 

ときどきぽん、ぽん、って背中に手を。

 

いつもそんなことしないけど、茶色と焦げ茶、ちゃんと家族なんだね。

感動してしまって、大変なことなんだけど、それはすごく嬉しかった。

 

あちこち落ちてきそうなものを降ろしたり

倒れてくるものを支えたりアワアワしつつ、

監督の行動に惚れ惚れしてました^^

 

揺れがすこし落ち着いてきたところで、

監督はおもむろにカリカリ置き場行ってバリバリ。

ワタシにメシ催促をし、出されたカンヅメごはんに

文句もつけずもしゃもしゃ食べて、(いつもとだいぶ違う^^

それからまた茶色のそば行ったり。

私にも落ち着けとスリリンしてくれて、人間より落ち着いていました。

1階を完全に仕切って、さすがの監督でした。

監督がそんなふうだったので安心して1階を頼んで

割とすぐに、作業員と手分けして、まるいチームを見に行けました。

 

わかめが壁とケージの間に挟まって固まっていたり

あんこちゃんが窓とキャットタワーの間に

これ以上小さくなれないサイズに固まっていたり

のりがどこにいるかわからなかったり

(ケージ上から落ちたキャリーの中に入っていました・・・)

作業道具などがしまってある物入れの中身がどばっと流れ出ていましたが

(重量物や危険なものもあって心配だった・・・)

とにかくおやこの無事を確認、

 

たねちゃんの部屋は押入れの中身が全部勢いよく飛び出てましたが

(重量物が大半で、そこにいたら下敷きになるしヒジョーに心配でした)

たねちゃんはそこにいなくて無事で、布をかけた箱にじっとしていました。

 

たまおさんとごぼーさんはそれぞれ、ドアあけたらすぐ出てきて

「こわかったぁぁぁ」とは言ってましたが

案外ケロっとしていて、すぐにいつもどおり

ダッコやおもちゃ要求するくらいで^^

 

とりあえず見回って戻ると2回目の大きい揺れ。

1階はおもちゃの材料などが思いっきり散乱したり

茶色いチームのお水が、

容器は倒れてないのにほとんど全部出てたりしましたが、

被害というようなものはありませんでした。

誰も怪我もしなかったし、ライフラインも止まらず。

 

あの日揺れながら、目の前に置いてあったカメラで撮ったフタリ。

いろいろ動揺していて、ピント合ってない・・・。

普段はこんなふうに近くに座るなんて、ありえない^^

 

ちびちゃん、ありがとう。

 

R0092378_thumb-1ヶ月経ち。

 

夢であってほしいようなことが、重い悲しいことが

東北であまりにたくさんあって

痛いような苦しい気持ちですが

・・・まだしばらく不安な感じが続きそうですが

こちらは何とか笑って、歩いていこうと思います。

 

7日と、昨日も大きな地震。

おもちゃの発送に行って帰ってきてしばらくしてから

震度5弱くらいのがきました。

 

昨日のは、茶色マンが1ヶ月ぶりにちょいパニックになったけど

やっぱり監督が近くで見守ってくれていて、10分もすれば落ち着きました。

 

監督は大きく揺れるとやっぱりカリカリをバリバリーーーっと食べて

どうも、この一家を守ってくれてるのはやっぱり監督みたい^-^

一生ついていきますっ

 

そしてドキドキしてるのはニンゲンだけで

猫はみんな揺れに慣れている・・・^o^;

 

茶色いチームはその後の余震は関係なく爆寝していたし、

まるいチームは爆食して、おもちゃで遊びました。

 

被災地域の方、カワイコたちにも

いつもの時間がはやく戻りますように。

戻らないものもたくさんありすぎかもしれないのだけど

その分、あたらしいステキがうまれるように願います。

 

はよ、東北から地震、去れーっ

原発、見通しついてくれーっ


2 thoughts on “1ヶ月経ち。

  1. kaezzz

    ちび監督、やる時はやる凄いお方ですね。
    的確に状況を把握して、弱いコを守る!
    コレって非常時の鉄則ですよね。
    うちなんて一歩も動けず固まってました。
    普段なら逃げ惑うのに、動けませんでした。
    でもその事が逆に安心出来て、ソコにいて!
    そう叫ぶしかありませんでしたよ。
    揺れの大きさや振動音、食器や家具の
    ぶつかり合う音に私も足が震えました。
    でも落ちそうなレンジや炊飯器
    倒れそうな冷蔵庫を押さえるのに必死で
    他の物が落ちたり、飛び出すのを
    見てるしか出来なかった。
    今でも緊急地震速報が鳴ると、もの凄く
    恐怖を感じてしまいます。
    それでもニャンズが無事で、家もある。
    そういう普通の生活が出来る事に感謝して
    自分に出来る事での協力をしようと
    強く強く思っています。
    余震はまだ余談を許せない状態なので
    お互いに充分に気をつけましょうね!!

  2. ぴか

    kaezzzさん、ほんと怖かったでしょう。
    大変なときにコメントありがとうございます。
    みなさん無事でよかった。
    まだ怖いこともあるし、不安や不便もたくさんですが
    困ったことあったら言って下さいね。
    ほんと、これ、お互い様ですからね。
    ウチがだめなときはお願いしちゃうんですから。
    メールだめなときは電話でも、何でもかまわないので。
    こういうとき遠慮なんかしていてはだめですよ。
    みんなキモチは同じです。
    仙台より震度は低かったですが、監督カコイイでしょー^^
    落ち着いて(はりきって?)仕切ってました。
    今も、大きめのが来るととりあえず食い、ニンゲンを含めた
    1階のメンバーを仕切ります^m^
    部屋の中は天井までも見上げて、危険がないかチェックするのです。
    そしてみんなを安心させようとします。
    一生ついていくぜ!!と思いましたよ。
    王子君ナイト君、固まったんですね。
    あまりに大きい異常に「動かなかった」のかもしれないですよ。
    それも賢い選択です。
    こたつは避難場所に最適かもしれないですね。
    音も少しは遮断されるし、何か落ちてきても当たりにくい。
    ニンゲンは後先を考えるので、恐怖や不安が大きくなりますね。
    速報の音はほんと怖い。
    空襲警報ってこんなだったかな・・・・。
    余震まだきますね。
    大きいのもまだ予測されているようなので
    そう、ウチのほうも可能性は同じだし
    気をつけましょうね。
    いつもの時間、穏やかな気持ち
    安心して眠れる日がみんなに戻るように
    強く願います。

コメントは停止中です。